ovr

症状例

ギックリ腰

gikkuri

1、こういう症状

一般的に急激に腰が痛くなり動けなくなった状態を、ぎっくり腰と呼びます。

ですが、動けるような状態であっても急激に痛みが強くなってきた状態も、ぎっくり腰の1種と考えます。

 

2、その原因は?

急に重いものを持った時になると言われていますが、例えば「くしゃみ」だけでもなりますし軽い刺激でも急激に痛みが出ることがあります。

一般的に骨がズレたり骨盤がズレたりということが言われますが、そんなに簡単にはズレません。

実はこれは腰回りの筋肉がつった状態がぎっくり腰なんです。

 

3、一般的な治療法

病院の場合は、レントゲンを撮ってヘルニアなどの背骨の疾患などがなければ、湿布と痛み止めをもらって数日間安静と言われます。

整体などに行くと急激にボキボキをする所もありますがこれは、治ることもありますがひどくなることもあります。

基本的には、ぎっくり腰自体は安静をとって時間をかけて少しずつ治すというのが一般的な治療法です。

 

4、羽田野式ハイボルト認定院での施術

ぎっくり腰は必ずどの筋肉が悪くなるといったような特定の筋肉はなく、腰周りのいろいろな筋肉が原因で起こります。

なので、同じ治療で治る人と治らない人がいるわけです。

我々NPO法人 日本電気治療協会の「羽田野式ハイボルト療法」は、まずどこの筋肉が悪いかをつき止めます。

そして、そこの筋肉がつっている状態を瞬時に解消させることができるため、おおよそ痛みを半分ぐらいにすることができます。

原因が何処か明らかになるため、家に帰ってから何に注意をしなければいけないか?

痛くなったときにどう対応すればいいのか?

もその場ですぐにわかります。

 

5、自分で出来る事

自分でできることといえば、保温をするのが良いでしょう。

後は、痛い体制を取らないことです。

 

 

ぎっくり腰は放っておけばおくほど治りが悪くなります。

なるべく早いうちに「羽田野式ハイボルト認定院」に行く事をお勧めします。

Contact

お気軽にお問い合せください。

ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合せください。

TEL:045-226-5273TEL:045-226-5273
【平日 9時~16時】